本当は鮮やかだった 鳳凰堂内部模型、一般公開

印刷

   平等院(京都・宇治)に併設されている「ミュージアム鳳翔館(ほうしょうかん)」では、国宝・鳳凰(ほうおう)堂の内装の一部の実物大模型を2012年4月19日から一般向けに展示している。

   内部の柱と梁(はり)を蛍光X線などで調査し、明らかになった1053年の創建時の極彩色の装飾を、現代の印刷技術でよみがえらせた。

   平等院では、鳳凰堂内部の拝観も受け付けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中