「カンヌ映画祭」ノミネート作品発表 若松監督作品「ある視点」部門に

印刷

   第65回カンヌ国際映画祭の各部門の出品作品が2012年4月19日(現地時間)、公式サイトで発表された。

   日本からは、若松孝二監督の「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」が「ある視点」部門に、秋野翔一監督の「理容師」が「シネフォンダシオン」部門に、それぞれノミネートされている。

   また、三池崇史監督の「愛と誠」が「ミッドナイトスクリーニング」部門で上映される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中