中国の武力行使は、あくまで「国内向け」

印刷
毛沢東 五つの戦争(鳥居民・著)
毛沢東 五つの戦争(鳥居民・著)
草思社

   中国による他国へのさまざまな武力行使、その動機は単なる版図拡張ではなく実は自国内の抑制・制圧にある――こう唱えたのは、歴史作家・評論家として活躍する鳥居民さんの処女作『毛沢東 五つの戦争』だ。刊行は1970年だが、この見立ては決して過去のものとはいえないだろう。

   同著は朝鮮戦争から始まり、台湾やインドとの対立、さらには文化大革命など毛沢東による5つの「戦争」を分析し、その行動原理を解き明かそうとしたものだ。2012年4月には加筆の上、草思社から文庫化もされている。

   現在、日本と中国の間では尖閣諸島問題が懸案となっている。石原慎太郎都知事が島の土地買収に乗り出すなどの動きもある中、果たして中国はどう動くか。それを分析する上で、改めて同著に注目が集まりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中