MicrosoftのストレージサービスSkyDrive 「Mac」対応へ

印刷

   米Microsoftは2012年4月24日(現地時間)、ホームページ上で、同社が提供しているオンラインストレージサービス「SkyDrive」をアップデートしたと発表した。

どこからでもWindows PCにアクセスできる

Mac OS XのFinderでSkyDriveを開いた様子
Mac OS XのFinderでSkyDriveを開いた様子

   大きな変更点は、Windows向けのプレビュー版アプリ「SkyDrive for the Windows desktop」の機能だ。

   Windows8、Windows7、Windows VistaのエクスプローラーからSkyDriveに直接アクセスし、閲覧・操作ができるだけでなく、このアプリを起動させておくことで、離れた場所からでも携帯端末を用い、SkyDriveのサービスを通じてパソコン内のデータを取り出すことができる。

   これに対応するようWindows PhoneとiOS端末向けのアプリのアップデートをおこなったほか、Mac OS X Lion向けクライアントのプレビュー版もリリースしており、ファインダーからオフライン状態でもSkyDriveを閲覧・操作することができるようになった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中