パソコン国内出荷台数、2年連続1000万台超え

印刷

   電子情報技術産業協会(JEITA)は2012年4月25日、ホームページ上で、「2011年度パーソナルコンピュータ国内出荷実績」を発表した。

2007年度以降過去最高

   出荷台数は1127万7000台で、前年度にくらべ8.0%増加した。2年連続で1000万台を超え、2007年度以降過去最高の水準となった。

   このうちデスクトップは330万9000台、ノート型は796万8000台で、ノート型は前年度比10.8%の増加を見せ、全体に占める比率は70.07%となった。

   調査対象としたのは、アップルジャパン、NEC、オンキヨー、セイコーエプソン、ソニー、東芝、パナソニック、日立製作所、富士通、三菱電機インフォメーションテクノロジー、ユニットコム、レノボ・ジャパンの計12社。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中