東京ゲートブリッジがライトアップ LEDで季節感表現

印刷
ライトアップが始まった東京ゲートブリッジ。時間は日没から午前0時まで
ライトアップが始まった東京ゲートブリッジ。時間は日没から午前0時まで

   江東区若洲と東京港の中央防波堤埋め立て地を結ぶ東京ゲートブリッジ(全長2.6キロ)のライトアップが2012年4月25日夜から始まった。LED照明886台を使用し、4月は「若草色」5月は「青葉色」というように、季節感を踏まえながら月ごとに色彩が変化。羽田空港を離陸したばかりの航空機を眺めながら楽しめる「東京の玄関」としての新たな夜景がお目見えした。

   消費電力のうち4割を太陽光発電でまかなっているのも特徴だ。点灯されるのは、毎日の日没から午前0時まで。

   東京ゲートブリッジは2月12日に開業し、平日は1日2万4000~2万5000台程度の車両が通過している。周辺の海底トンネルの交通量が4分の1程度減少するなど、渋滞緩和に役立っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中