2018年 7月 19日 (木)

【ご当地グルメ食べまくり】福岡の唐揚げは冷やして食べる

印刷

   日本各地のアンテナショップや物産店が集まる東京・有楽町の東京交通会館で、「ザ・博多」という店に入ってみた。福岡をはじめとする九州の物産・お土産を売っており、福岡市の商業施設キャナルシティに本拠の店があるそうだ。

「決して温めないでください」

冷えたままの唐揚げを口にすると…
冷えたままの唐揚げを口にすると…

   小ぶりな店内には、めんたいこ、博多ラーメンなど定番の福岡グルメが目立った。そんななか、変わりダネの「努努鶏」(鳥一番フードサービス、250グラム1050円)に目を奪われた。

   「新感覚の博多唐揚げ」ということで、なにしろ販売用ポスターのコピーからして、意外性十分だ。「唐揚げ、冷えてます」。さらには「決して温めないでください 努努(ゆめゆめ)、疑うことなかれ」などとある。

   この努努鶏は、冷凍状態で販売している。とにかく特殊な製法によって冷食用につくっており、冷えたまま食する。言わば冷し唐揚げだ。冷凍庫から出してすぐに食べるもよし、あるいは5分から10分、自然解凍すると食べやすくなる。ただし温めると風味が飛んでしまうそうだ。

   棒々鶏のように、冷たい肉の料理はあるにしても、お熱く揚げたお肉をわざわざ冷凍、半冷凍で食べる意味はあるのか。疑うなと言われても、不安は拭えないものだ。

シャーベット状で凝縮された肉の食感

   箱から取り出してみると、見た目には、凍っているようには見えず、通常の骨付き手羽先唐揚げとして通用しそうだ。

   さっそく普通の手羽先のつもりでかみつく。コチコチというわけではなく、肉はサックリと骨から離れるが、かみしめると若干シャーベット状で、少し違和感があった。しかし食べ続けているうちに不思議と慣れてくる。凝縮された感じの肉と、よくしみこんだ甘辛のタレの風味がわかってくる。数本も食べると、自分が唐揚げのあたらしい嗜好(しこう)に開眼したことがわかった。冷えたのもお好き、である。


商品名:努努鶏

製造:鳥一番フードサービス

サイズ:250グラム(約20本入り)

価格:1050円

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中