東武野田線に「新型通勤用車両」

印刷
現行の野田線8000系車
現行の野田線8000系車

   東武鉄道(東京・墨田区)は2012年4月26日、鉄道事業で総額296億円の設備投資を行うという2012年度の鉄道事業設備投資計画の中で、野田線に新型通勤用車両2編成12両を新造する、と発表した。

   新型車両は、代替する8000系車両と比べて、バリアフリー・省エネルギー・省メンテナンス化により、使用電力が約40%削減されるほか、車内案内用液晶ディスプレーが設置されるなど、人と環境にやさしい車両になっているとのことだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中