2018年 7月 23日 (月)

えっこれが賃貸?邸宅みたいだよ

印刷
「戸建感覚」のデザインが街並みに調和する賃貸住宅(外観図)
「戸建感覚」のデザインが街並みに調和する賃貸住宅(外観図)

   トヨタホームは、戸建住宅と同じの品質を有して、邸宅風のたたずまいをもつファミリー向け2階建て賃貸住宅商品「Viea Freetha」(ヴィーアルファ・フリーサ)」の発売を、2012年4月25日に開始した。

   トヨタホームがもつ工法の一つ、スチールハウス工法による初めての賃貸住宅の企画商品。賃貸市場が飽和ぎみになりつつあるなか、賃貸であっても今後ニーズが高まると思われる「高いクオリティ」をもつ賃貸住宅として開発。ファミリー向けにふさわしい賃貸住宅として、戸建感覚やライフスタイルの豊かさにこだわった。

   住宅街への融合という観点から、邸宅風のたたずまいを目指し、外観デザイン(寄棟タイプ、切妻タイプ)は街並みに調和するデザインとし、ライフスタイルの豊かさでは、LDKを広くとったり、キッチンを大きめサイズの対面式にしたりするなど、長く住んでも満足できる間取りとし、戸建で使われるアクセントクロスやニッチ(飾り棚)、パントリー(食品保管庫)、くつろげる広さのバルコニーなどにもこだわった。

   価格は、3.3平方メートルあたり50万円台から。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中