知ってる? いまや「エネルギー」もシェア可能

印刷
二世帯でエネルギーをシェアする(写真は、「勾配屋根タイプ」外観)
二世帯でエネルギーをシェアする(写真は、「勾配屋根タイプ」外観)

   旭化成ホームズは40周年記念商品として、比較的敷地にゆとりがある都市近郊や郊外の古い分譲地の建て替え市場向けに二世帯住宅「ヘーベルハウス &NiCO(アンド ニコ)」を、2012年4月28日に発売する。

   ゆとりのある敷地に、二世帯住宅の基本である世帯間分離を保ちながら、二世帯のあいだと居住する「それぞれの人」のあいだで、お互いを尊重しつつ積極的な交流を深め、気兼ねのない快適で豊かな暮らしを実現する空間を提案した。

   また、生活エネルギー消費量は、家族の「場」が重なることで削減されるので、家族が集まりやすい空間構成に加えて、二世帯で家庭用燃料電池(エネファーム)や太陽光発電による「創エネ」の熱と電気をシェアしながら光熱費ゼロと、年間の二酸化炭素(CO2)の排出量ネットゼロを実現できる独自のエネルギーシェアシステムを搭載した。

   戸建住宅では業界初となるシステムで、同社と大阪ガス、東京ガスの共同開発で実現した。

   建物の形状はボリューム感のある総2階に近い形状とし、この形状にあわせて重量感のあるファサード面にルーバースクリーンやコンビネーション目地をアクセントとして組み合わせることで、高級感と多彩な個性を表現した。

   本体価格は、陸屋根プロトタイプが5020万円(太陽光発電8.1kWのエネルギーシェアシステム搭載)。勾配屋根プロトタイプが4840万円(太陽光発電7.6kWのエネルギーシェアシステム搭載)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中