今年はフェルメールイヤー 「とらや」「日比谷花壇」など、関連商品を続々発表

印刷
ヨハネス・フェルメール 「真珠の耳飾りの少女」 1665年頃
マウリッツハイス美術館蔵
ヨハネス・フェルメール 「真珠の耳飾りの少女」 1665年頃 マウリッツハイス美術館蔵

   2012年は、フェルメールイヤー。30数点しか現存しないといわれるフェルメールの作品のうち、人気作「真珠の耳飾りの少女」など6点もが日本にやってくる年なのだ。

   それにあわせて、フェルメールという特別な存在に共鳴するブランドが集まり、横断的にレーベルを共有する新しいプロジェクト「FEEL VERMEER(フィール・フェルメール)」が立ち上がる。

   「フェルメールを感じる」をコンセプトに、さまざまな参加企業が、「オクル」「メシアガル」など日常のなかでフェルメールの物語を思い起こさせる、種々の商品・サービスを提供。美術館での、フェルメールとの対面をいっそう盛り上げる取り組みだという。

   老舗和菓子の「とらや」、メイクの「シュウ ウエムラ」、音楽レーベルの「ユニバーサルミュージック」など参加企業が明かされているなか、先頭を切ってサービス詳細を公開するのは、花の専門店「日比谷花壇」。5月17日から、フェルメールから着想を得た4パターンのフラワーアレンジメントの予約受付を開始する。

   フラワーアレンジのイメージソースは、「真珠の耳飾りの少女」。2012年6月30日から東京都美術館で開催される「マウリッツハイス美術館展」で展示予定の作品だ。商品詳細は、6月27日まで予約を受付るデザイナーズプリザーブアレンジメント「フェルハール」(2万1000円)とデザイナーズブーケ「ローゼン」(1万2600円)、8月28日までのデザイナーズプリザーブアレンジメント「ブルムブラーシェ」(1万5750円)、「メイシェ」(5250円)。

   なお、その他の参加企業も、この後ぞくぞくと商品・サービスを展開していくという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中