「500GB」カンタン拡張できるBDレコーダー

印刷

   シャープは、内蔵ハードディスクに加えて、スロットイン方式のハードディスクで録画容量を拡張できるブルーレイディスクレコーダー「AQUOSブルーレイ」3機種を、2012年5月30日に発売する。

約10倍速の高速ダビングも

上「BD-T2100」、左下から「BD-T1100」「BD-T510」
上「BD-T2100」、左下から「BD-T1100」「BD-T510」

   着脱式の「SHDD(スロットインハードディスク)」を追加することにより500GB分の録画容量を拡張できるBDレコーダーで、USB外付けハードディスクを追加する場合と比べて、設置場所が不要なので配線の手間が省ける。また、内蔵ハードディスクから「SHDD」へ約10倍速の高速ダビングも可能だ。

   また、地上デジタル・BS・110度CSデジタルチューナーを3基搭載しているので、3番組同時録画はもちろん、「スカパー!HDチューナー」を接続すれば、最大で4番組まで内蔵のハードディスクに同時録画できる。このほか、スポーツ中継の決定的瞬間や電話・来客で見逃したシーンなどを、最大90分までさかのぼって視聴できる「ちょっと戻っテレビ」や、ニュースやスポーツなど、あらかじめ設定した好みのジャンルを指定すると、各ジャンルの最新番組を自動的に更新録画する「最新上書き録画」機能などが搭載されている。

   価格はオープンだが、想定実売価格は、ハードディスク容量が2TBの「BD-T2100」が18万円前後、1TBの「BD-T1100」が11万5000円前後、500GBの「BD-T510」が9万円前後とみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中