2018年 7月 17日 (火)

覗ける「異色の東京百景」

印刷

   映像ソフトレーベルであるシンフォレストは、ダイナミックに変化し続ける東京のあらゆる名所を、全編「微速度撮影」による「時間描写」を用いることでドラマチックに描いたDVD&ブルーレイ「『微速度』で撮る『東京百景+』」(約46分)を、2012年5月10日に発売する。

フルHD、24p仕様でブルーレイ化

(C)2012 Tsuyoshi Kageyama / Synforest Inc. All Rights Reserved
(C)2012 Tsuyoshi Kageyama / Synforest Inc. All Rights Reserved

   1枚1枚一定間隔で撮影した画像を連続再生することで動画にする手法「微速度撮影」を用いて、人間がリアルタイムには体験することのできない「時空間」を視覚化し、大都市らしい近未来的な景観から、そこに暮らし行き交う人々の雑踏・喧騒(けんそう)、日本特有の四季の移り変わり、都会のオアシスまで、ダイナミックに変化し続ける「東京」を多元的かつドラマチックに表現した。

   「4K解像度」を超えるスチルでコマ撮りされた膨大なカットをAfter Effectsで映像化しているほか、全工程をプログレッシブ処理し、テープを介さず、マスターデータのままダイレクトに「MPEG-4 AVC/H.264」エンコードすることで、「1920x1080/24p」ならではの解像感を実現している。

   HDR(ハイダイナミックレンジ)処理と微速度の組み合わせによる不思議な世界や、全編をわずか2分に収めた「禁断」の「超高速」プレイバックなど、実験的アプローチも魅力だ。

   価格は、ブルーレイ版が4410円、DVD版が2940円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中