今年は「お風呂」も節水にシフト

印刷
エコと心地よさを両立し、ラインアップを一新
エコと心地よさを両立し、ラインアップを一新

   パナソニックは、「バスルーム ココチーノ」のラインアップを一新し、2012年6月21日に発売する。

   キッチンやバスなどの水廻り設備に、「節水」や「省エネ」などの環境に配慮した機能性への関心が高まるなか、4年ぶりにモデルチェンジ。従来の戸建て住宅用(Lクラス/Sクラス)から、マンションリフォーム用(Mクラス)まで、ラインアップを拡大する。

   これまで高級グレードのみで展開し、好評を博していた独自の「酸素美泡湯」を全シリーズで対応を可能にしたほか、シャワーに使うお湯の熱でミラーのくもりを抑える業界初の「湯たんぽミラー」や、「ウォ-ルラインLED照明」などのエコアイテムを強化。キレイに保ちやすいさまざまな工夫を盛り込んだ「おそうじラクラク」機能や、明かりや浴槽、壁の素材感で「上質空間」を実現する新たな部材を品揃えした。

   機能性もデザインも新しくなった「ココチーノ」で、エコで心地よいバスタイムを提供する。

   希望小売価格は、New Lクラス(1616サイズ)が104万7900円~、New Sクラス(1616サイズ)が79万650円~、New Mクラス(1418サイズ)99万7500円~(いずれも、工事費別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中