明大新図書館 カフェ併設で読書もはかどる?

印刷

   明治大学は2012年5月1日、和泉キャンパス(東京・杉並区)内に新図書館をオープンした。

「入ってみたくなる図書館」とは?

快適な環境を備えた「滞在型図書館」
快適な環境を備えた「滞在型図書館」

   「入ってみたくなる図書館」をコンセプトに設計された新図書館は、スタイリッシュな外観とともに、ホテルのラウンジを思わせる開放感あふれた館内空間が特徴だ。テーブル席やソファ席、ブース席など用途に合わせた約1200の閲覧席に加えてカフェも併設しているので、コーヒーを飲みながらゆっくり読書を楽しめる。また、すべての書棚は通常よりも4度傾いており、震災の際もすぐに本が落下しない仕組みになっているという。

   1階には、外部貸し出しも行う多目的ホールが、2~4階には窓際にアート本などを並べたガラス張りの「積層集密書庫」が設けられている。

   蔵書数は約30万冊からスタートし、最終的には約60万冊にまで増やす予定。

   学生や教職員以外に、杉並区民(20歳以上)も登録すれば利用できる。

   開館時間は平日8時30分~22時、土曜8時30分~19時。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中