2018年 7月 22日 (日)

SNSで驚きの声相次ぐ 「1300万円」ニコン魚眼レンズ

印刷

   日本製のカメラレンズ「フィッシュアイニッコール6mm F2.8」が海外ネットユーザーの間で話題を呼んでいる。今から40年前にニコン(当時は日本光学工業)が「世界最広角の魚眼レンズ」として発売したビンテージレンズで、注目されているのは直径23.6センチ、重さ5.2キロというその巨大さだ。

   英ロンドンのカメラ店が2012年4月に売りに出し、間もなくあるコレクターに1300万円という高値で買い取られたのだが、TwitterやPinterestなどのSNSではその後も驚きの声が相次いでいる。

画角220度、「後ろ」も写っちゃう

カメラが主か、レンズが主か…(カメラ店のブログより)
カメラが主か、レンズが主か…(カメラ店のブログより)

   海外ネットユーザーたちはこの日本生まれの「巨人」にすっかり度肝を抜かれ、

「WOW……」
「クレイジー……」

とただただ仰天しており、ネットニュースやブログなどでは「モンスター」「マンモス級」などという形容詞が飛び交っていた。

   外国人が驚くのも無理はない。カメラに装着すると、カメラにレンズが付いているのか、レンズにカメラが付いているのかわからなくなるほどだ。大きさを支えるためレンズ下部には専用の台座が取り付けられている。もちろん相当の力自慢でなくては、手持ち撮影などはもってのほかだろう。

自分の「後ろ」にあるものまで写る

   見た目はもちろん性能もすごい。普通の魚眼レンズでは画角が180度のところ、このレンズでは220度という「現在あるレンズの中で最も広い(中略)驚異的な画角」(当時のパンフレット)を実現しており、真横どころか自分より「後ろ」にあるものまで写ってしまう。当時はもちろん、今なおこのような画角は類を見ないに等しい。

   発売当時の価格は60万円(同時期の大卒初任給が5万円)。受注生産方式だったため実際に作られた数はかなり少なかったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中