世界初「青いユリ」 サントリーと新潟県が開発

印刷

   サントリービジネスエキスパート植物科学研究所(大阪・三島郡)は2012年5月9日、ホームページ上で、新潟県農業総合研究所との共同研究により、青みを帯びたユリの開発に成功したと発表した。

「青いカーネーション」、「青いバラ」につづき

確かに青い
確かに青い

   ユリには、白、黄、オレンジ、ピンクなどの花色が存在するが、青みを帯びた花色は存在しない。これはユリには青色色素デルフィニジンを作るために必要な青色遺伝子が存在しないためで、今回はピンク色のユリに、遺伝子組み換え技術を用いてカンパニュラの青色遺伝子を導入、機能させたことで花弁にデルフィニジンを含む「青いユリ」が実現した。

   サントリーは1990年から「青いバラ」をはじめとした「青い花」の開発に注力しており、2004年には「青いカーネーション」、2009年には「青いバラ」を誕生させ、ともに販売中だ。今回の「青いユリ」の新潟県との共同研究は2006年4月に開始したもので、今後さらに青みを帯びるよう開発を進め、商品化も検討する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中