ソニー「Xperia」新機種 「世界最軽量」と「大画面」どちらを選ぶ?

印刷
どちらにするか・・・
どちらにするか・・・

   ソニーモバイルコミュニケーションズはスマートフォン「Xperia GX」と「Xperia SX」の2モデルを2012年夏以降に日本で発売する。

   「Xperia GX」は約4.6インチという大画面・高精細なHD「Reality Display」を搭載しているのが特徴だ。デザインは、「Xperia arc」で好評だったアーク形状を採用し、最薄部約8.6mmのスリムなボディーラインとマットな質感で、手に吸い付くような触り心地と持ちやすさに仕上がっている。

   「Xperia SX」は、LTE対応のスマホとしては世界最軽量の重さ約95gと、薄さ約9.4mmのボディーに、全体を縦と横のクロスラインで4つのブロックにわけた、シンプルかつ洗練されたデザインが目をひく。

   両機種、おさいふケータイと赤外線通信に対応し、最新のAndroid 4.0と1.5GHzのデュアルコアプロセッサーを搭載している。

   また、「WALKMAN」アプリがインストールされており、こだわりの音質はもちろんのこと、再生中の音楽を独自に解析しさまざまなイメージで画面を彩ることができるVisualizer(ビジュアライザー)や、Facebookの友達がすすめる楽曲一覧を自動で生成する機能をもつなど、ソニーらしさが光る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中