1000年後には「子どもの日」なくなる? 

印刷

   東北大学は2012年5月10日ホームページ上で、「子ども人口時計」を公表した。

3011年5月には子どもの数は1人に

   総務省統計局の発表の過去1年間の日本の子ども数(0 歳から14歳までの15歳未満人口)の変化を基準に、(1)2012年5月5日現在の日本の子ども数、(2)現在の瞬間での日本の子ども数、(3)この変化率のまま日本の少子化が継続・進行した場合に、日本の子ども数が1人になってしまうまでの残された時間を表示するというもので、2012年のこどもの日にちなみ、同大学経済学研究科の吉田研究室(加齢経済学)が情報システムスタッフと共同で作成した。

   それによれば、100秒に1人の早さで子どもが減少し続けていることや、西暦3011年の5月にあたる約36万5000日後には、日本の子どもは1人になることが分かる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中