「エヴァ」庵野秀明監督が「特撮博物館」館長に

印刷

   東京都現代美術館は、2012年7月10日から企画展「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」を開催する。

竹谷隆之作「巨神兵」が登場

「巨神兵像」竹谷隆之作 (C)2012 二馬力・G
「巨神兵像」竹谷隆之作 (C)2012 二馬力・G

   「エヴァンゲリオン」シリーズをはじめ、数々の作品でファンを魅了してきた庵野秀明監督が、その原点である「特撮」で用いられたミニチュアや小道具の現状を憂い、「館長」となって「特撮博物館」を立ち上げたというのがコンセプトだ。

   目玉となるのは、企画:庵野秀明、巨神兵:宮崎駿、監督:樋口真嗣というなんとも豪華な面子による、スタジオジブリの最新特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」で、造型師の竹谷隆之さんがひな形をつくった「巨神兵」が登場するという。

   このほか、会場では、デジタル技術の発展とともに失われつつある、数々の映画・TVで使用されたミニチュアやデザイン画などさまざまな資料約500点を一堂に集めて展示し、それらを担ってきた作り手たちの技と魂を伝える。

   入館料は、当日券の大人・大学生が1400円、前売りが1300円。中高生・小学生についてはホームページまで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中