生まれ変わる大阪梅田地区の「顔」

印刷

   阪急電鉄は、阪急梅田駅のリファイン工事を2012年5月から着手する。

洗練された空間に

写真は1~2階BIGMAN前広場のイメージ
写真は1~2階BIGMAN前広場のイメージ

   再開発が進む大阪梅田地区の「顔」にふさわしく、統一感あふれる洗練されたエリアとするために計画されたもの。すでに10年夏から先行着手しているJR高架下通過部分のリファイン工事が12年秋に竣工しており、今回さらに駅のコンコース空間について内装の一新をはじめとした各種工事にも着手する。

   リファイン工事では「劇場空間 阪急スタイル」を空間コンセプトとし、華やかさやエレガントさを追求した、わかりやすく利用しやすい駅空間(=劇場空間)を演出する。また環境に配慮し、リニューアル範囲のすべてにLED照明を採用し、省エネルギー化を進める。

   全面工事竣工は2014年度末を予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中