2018年 7月 17日 (火)

「日本を愛する気持ちさらに強く」巨匠バシュメットが復興支援コンサート

印刷

   「ヴィオラの巨匠」として名高いロシアの演奏家・指揮者ユーリ・バシュメットさんが2012年5月28日、東京オペラシティ(東京・新宿区)で震災復興支援を目的としたチャリティーコンサートを開催する。

ソプラノ歌手・森麻季と競演

バシュメットさんと「モスクワ・ソロイスツ」
バシュメットさんと「モスクワ・ソロイスツ」

   「現在生存する世界の最も偉大な音楽家の一人」「ロシアの至宝」とも評されるバシュメットさんは、これまでにもたびたび日本を訪れている親日家でもある。東日本大震災の被害に心を痛めているといい、今回のコンサートでは収益金の一部を被災地のために寄付する。

   コンサートにはバシュメットさんのほか、2008年度グラミー賞に輝いた弦楽オーケストラ「モスクワ・ソロイスツ」、そしてNHKドラマ「坂の上の雲」第2部メインテーマを歌ったオペラ歌手・森麻季さんが出演する。特別協賛は、ロシアの天然ガス企業ガスプロム・グループ。

「日本の人々の勇気と誇りに…」

   バシュメットさんは今回のコンサートにあたり、

「この苦難を乗り越えようと、勇気と誇りを胸に闘う日本の人々を見て、日本を愛する気持ちをこれまで以上に強くした」

と日本へのメッセージを寄せている。

   料金はS席7500円、A席6000円、B席5000円、C席4000円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中