「テレビよりスマホが大事」は何割? グーグルの日本実態調査

印刷

   米グーグル(Google)は2012年5月16日(現地時間)、「Our Mobile Planet」上で「日本におけるモバイルユーザーの実態」調査の結果を発表した。

日本人の5人に1人はスマホユーザー

スマートフォンでの一般的な操作(Ourmobileplanetより)
スマートフォンでの一般的な操作(Ourmobileplanetより)

   発表によると、日本におけるスマホの普及率は人口の20%で、2011年の6%に比べて14%増加した。

   スマホ利用者のうち、「スマートフォンでの1日あたりのオンラインセッションの回数」は複数回(4回以上)との回答が最も多く、用途は「メールの送受信」がトップで、2位以下に「ウェブの閲覧・検索」、「アプリの利用」が続く結果となった。さらに、「動画の視聴」をあげるユーザーも過半数を超え、「テレビよりスマホのほうが大事」という回答が36%からあった。

   調査の対象は、スマートフォンでインターネットにアクセスすると答えた日本人のオンラインユーザー合計1000人で、調査期間は2012年第1四半期。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中