2018年 7月 19日 (木)

スタバ2店舗、東京スカイツリータウン内にオープン

印刷

   スターバックス コーヒー ジャパン(東京・渋谷区)は、東京の新しいランドマークとして注目される東京スカイツリータウン内に「スターバックス コーヒー 東京スカイツリー・ソラマチ東6階店」と「スターバックス コーヒー 東京スカイツリー・ソラマチ西1階店」の2店舗を、2012年5月22日にオープンする。

落ち着きある空間を演出

スターバックス コーヒー 東京スカイツリー・ソラマチ東6階店
スターバックス コーヒー 東京スカイツリー・ソラマチ東6階店

   「スターバックス コーヒー 東京スカイツリー・ソラマチ東6階店」は、下町情緒を感じる「和み」をデザイン・コンセプトに、木・タイル・和紙などの素材を利用することで広々としながらも落ち着きある空間を演出している。

   また、店内中央には東京スカイツリーと周辺地域の四季の風景を表現したアートワークが飾られていて、大きな窓からは至近距離から見上げる東京スカイツリーの迫力ある眺望と、眼下に広がる下町の景観が楽しめる。

記念タンブラーとマグカップも

東京スカイツリータウンタンブラー20oz(左)、東京スカイツリータウンマグ(右)
東京スカイツリータウンタンブラー20oz(左)、東京スカイツリータウンマグ(右)

   一方、地元墨田区の街並みに面した「スターバックス コーヒー 東京スカイツリー・ソラマチ西1階店」は、「アルチザン(職人)」をコンセプトにしていて、地場の古い倉庫や工房などに触発されたシンプルなデザインながらも、モルタルを施して仕上げた壁面が、家具などで使用している木やスチールなどの素材感を引き立てるといった趣のある空間になっている。

   また、共有通路と店内の境には、東京スカイツリーをイメージしたスチール製の間仕切りが配置されているほか、さらに店内には、「東京スカイツリー」と「下町」、そしてこれらをつなぐ「スターバックス」を表現した3つのフレームオブジェが象徴的に飾られている。

   さらに、東京スカイツリータウンの開業を記念して、数量限定の記念タンブラー「東京スカイツリータウンタンブラー20oz(590ml)」(1700円)とマグカップ「東京スカイツリータウンマグ(550ml)」(1600円)が、オープン初日からこの2店舗限定で販売される。タンブラーは、自立式電波塔として世界一の高さを誇る東京スカイツリー(634m)をイメージした 「ベンティ」 サイズ仕様だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中