思い通りに撮れる! 光学24倍オールマイティーカメラ

印刷

   オリンパスイメージングは、先進の機能を搭載した光学24倍オールマイティーカメラ「OLYMPUS SZ-31MR」を、2012年5月下旬に発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は4万5000円前後とみられる。

高感度、低ノイズ、高速AF

「OLYMPUS SZ-31MR」(シルバー)
「OLYMPUS SZ-31MR」(シルバー)

   高倍率レンズをポケットサイズの小型ボディーで実現し、荷物が多くなる旅行やスポーツ観戦、運動会などに最適なデジタルカメラだ。

   1600万画素の裏面照射型CMOSセンサーと「OLYMPUS PEN」用に開発した画像処理エンジンTruePicVにより、高感度、低ノイズ、高速AFを実現したほか、最大29パターンの被写体やシーンを見分けるiAUTOや超解像ズームを搭載しているので、見たままに、美しく写真を残せる。

   また、画像処理エンジンが2つ搭載したことで、1600万画素の写真とフルハイビジョンムービーの同時記録が可能になっただけでなく、ワイドとズームの同時記録など多彩な機能(マルチレコーディング)により、フルハイビジョンで60Pのなめらかな動画を実現した。

広角25mmから超望遠600mmまでのズームレンズ

「OLYMPUS SZ-31MR」(ブラック)
「OLYMPUS SZ-31MR」(ブラック)

   基本性能として、広角25mmから超望遠600mmまでのズームレンズを搭載(光学24倍)し、さらに超解像ズーム48倍で1200mmのズーム領域を手のひらサイズのカメラで実現しているので、運動会や学芸会での子どもの表情や、スポーツ観戦での選手のプレーなど、肉眼では見えない細部まで迫力ある写真が楽しめる。望遠時に心配な手ぶれは、CMOSシフト式手ぶれ補正機構と高感度撮影の「DUAL IS」が効果的に補正してくれる。

   このほか、最大360度のパノラマが簡単に撮影できる「ひとふりパノラマ」や、三脚を使わず手持ちでブレを防いだ夜景が撮れる「手持ち夜景モード」、話題の3Dフォトが簡単に撮影できる機能も搭載している。

   ボディーカラーは、シルバーとブラックの2種類。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中