2018年 7月 22日 (日)

「キスでがっかり」理由はうぶ毛? 意外と厳しい男性の視線

印刷

   貝印(東京・千代田区)は女性用音波振動カミソリ「bi-hada ompa(ビハダオンパ)」の発売にちなんで、「うぶ毛に関する意識調査」の結果を2012年5月17日に発表した。

男性6割「女性はうぶ毛の処理をしたほうが好ましい」

顔のうぶ毛が気になる距離は?
顔のうぶ毛が気になる距離は?

   調査によると、女性と男性で「うぶ毛」に対する認識の違いが出た。

   「近くで見ないとわからない」と思われがちなうぶ毛だが、実は見て気になりはじめる距離は80センチからで、男性にはなんと1メートル以上離れていても気になるとする人もいる。

   このように、意外と目立つ「顔のうぶ毛」だが、「処理をしている」と回答した女性は7割程度で、場所は鼻の下や眉など気になるポイントのみにとどまる人が多い。

   一方で、男性は6割以上が「女性はうぶ毛の処理をしたほうが好ましい」と思っており、「女性のうぶ毛が気になったシーン」については、過半数が「『キス』をする時」をあげていることがわかった。たとえ親密な関係であっても、処理されていない女性の「うぶ毛」に気づき、幻滅している男性もいるかもしれない。

   5月23日は「キスの日」。うぶ毛やキスに関する今回の調査結果を受け、うぶ毛処理を見直す女性も出てきそうだ。

   調査対象は、首都圏の20代から40代までの女性643名、男性639名で、調査期間は2012年4月2日から4月5日。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中