2018年 7月 22日 (日)

富士、APSフィルム販売終了 規格終焉へ

印刷

   富士フイルムイメージングシステムズは2012年5月22日、ホームページ上で、5月末をもってAPSフィルムの販売を終了すると発表した。

コダックも2011年に撤退

販売が終了したAPSフィルム
販売が終了したAPSフィルム

   理由として、販売数量が年々大幅に減少していたことにくわえ、一部原材料について供給元での生産が終了し入手困難となったことをあげている。同社は在庫がなくなり次第販売終了するむねを2011年7月から案内しており、今回、在庫が無くなる見通しがたったため販売終了の発表に至った。

   コダックも2011年にAPFフィルムの生産・販売から撤退しており、今回の発表によりAPSフィルムは実質、姿を消すことになる。

   同社は、APSフィルムの販売は終了するが、写真フィルムについては、製品ラインアップの見直しや生産効率化を行いながら、今後も継続して利用できる体制づくりを進めていくとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中