JALが「モス機内食」第2弾 総菜をコメで包んだ「ライスバーガー」

印刷
6月から提供される「AIR MOS ライスバーガー」。「きんぴら」を地上製品より3割増量した
6月から提供される「AIR MOS ライスバーガー」。「きんぴら」を地上製品より3割増量した

   日本航空(JAL)とモスフードサービスは2012年5月25日、コメを焼き固めた「ライスプレート」で総菜をはさんだ「AIR MOS ライスバーガー」を、6月から8月にかけて日本発の欧米路線の機内食として提供すると発表した。

   「AIR MOS ライスバーガー」は、モスバーガーの店舗で販売されている「モスライスバーガー きんぴら」をアレンジ。黒ごまをと一味唐辛子をアクセントとして使ったきんぴらと、ニンジン、鶏モモ肉といった具を、バンズ(パン)の代わりに「ライスプレート」でをはさんだ。レンコンを入れて「シャキシャキ感」を演出したほか、きんぴらを店舗版と比べて3割増量した。

   サイドメニューには、店舗で発売されているフレンチフライドポテトの代わりに、東ハト製のお菓子「ポテコ」がつく。

モスバーガーが機内食になるのは2回目

発表会に姿を見せたJALの植木義晴社長(左)とモスフードサービスの櫻田厚社長(右)
発表会に姿を見せたJALの植木義晴社長(左)とモスフードサービスの櫻田厚社長(右)

   搭載されるのは、日本発のニューヨーク、ボストン(7月から)、シカゴ、ロサンゼルス、ロンドン、フランクフルト行きの便の全クラス。エコノミークラスとプレミアムエコノミーでは、到着の2時間~2時間半前に提供される2食目として、ビジネスクラス、ファーストクラスでは1食目の後の選択メニューのひとつとして提供される。3か月間で10万食の提供を予定している。

   普段は機内食として食べられないものを提供する「AIRシリーズ」は、今回が第5弾で、モスバーガーが同シリーズを提供するのは第1弾の「AIRモスバーガー」(テリヤキバーガー、11年6月~11月)に次いで2回目。

   モスフードサービスの櫻田厚社長は、

「たとえどんな場所であっても、モスの品質を損なわないように頑張ったという苦労は50や100はあるのでは」

と、地上同様の味に自信を見せる一方、JALの植木義晴社長は

「今までと違った感触のバーガーで、おいしくいただいた」

と笑顔を見せていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中