アプリで「お金ください!」はダメ? アップル「寄付アプリ」アップデート拒否

印刷

   Flattr(スウェーデン)は、米Apple(アップル)が、Flattr(フラッター)のサービスを組み込んだiOS向けアプリ「Instacast」(インスタキャスト)のアップデートを拒否したと2012年5月28日(現地時間)、ブログ上で発表した。

ウェブ版「投げ銭」のようなサービス

話題のクラウドファンディングだが・・・
話題のクラウドファンディングだが・・・

   フラッターはfacebook(フェイスブック)の「いいね!」ボタンを押すのと同じ操作で、ウェブコンテンツの製作者に小額の寄付ができるという、ウェブ版「投げ銭」とでもいうべきサービスだ。

   インスタキャストはこのフラッターを利用したアプリで、Podcast(ポッドキャスト)を再生しながら、製作者にワンクリックで寄付ができるというものだった。2月下旬に公開され、ブログによれば5月6日(現地時間)に唐突にアップデートを拒否されるまで、問題なく配信されていた。

   アップルは拒否の理由として、アプリ開発者向けの規約「App Store Review Guidelines」内に記された「寄付の受け入れは、サファリ上のウェブサイトか、SMSを通じておこなわれなければならない」という一文をあげたという。

   これを受けてフラッター側は、サファリを起動するのではユーザーの利便性が損なわれるとし、再三の交渉をおこなったが最終的に拒否された。アップルは、拒否の真意や、どのような方法が規約に準拠しており、適切となるのかを明かさなかったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中