スリムになったね~ 「極小デスクトップPC」の実力とは

印刷

   日本エイサー(東京・新宿区)は、acerブランドからデスクトップPC「VTL4610-H14D」を、2012年6月1日から順次発売する。想定実売価格は4万円前後とみられる。

縦置きでも横置きでも

省エネ設計だ
省エネ設計だ

   約250(高さ)×62(幅)×204.96(奥行き)ミリメートルというA4用紙並の極小サイズなので、縦置きでも横置きでもどこでも好きな場所に設置可能だ。「液晶モニターの後ろなどに置けば、机上のスペースを広々と使える」という。

   消費電力は135Wと、通常のデスクトップ型(250W~300W)よりも抑え、ACアダプターを使用した省エネ設計なので節電にもなる。

   またデュアルコアCPUを搭載し、日常の作業はもちろん、ハードなPCワークまで快適に行えるほか、DVDの視聴などに便利な光学ドライブ付きだ。DVI-Dポート搭載しているので、高解像度のディスプレーにも接続できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中