2018年 7月 24日 (火)

持ち方には気をつけて! どうみてもライフルだけど「傘」

印刷

   エバーグリーン (東京・千代田区)は、もち手の部分が武器の形をした傘を、直営通販サイト「上海問屋」限定で2012年5月29日に発売した。

サーベルタイプもある

かっこいい・・・?
かっこいい・・・?

   もち手のデザインは、ライフルタイプとサーベルタイプの2種類を用意している。それぞれに専用の巾着袋が付属しており、斜めがけにして持ち歩くことができる。巾着袋にしまうと、傘の骨まですっぽり隠れ、ライフルの引き金やサーベルの柄を模したもち手部分だけが外に出て強調される。

   モデルガンなどを人前で持ち歩く場合は、「ケースに入れて見えないようにするのがマナー」(全日本トイガン安全協会)とされる。今回の商品のように、「引き金」部分などが露出した形で持ち歩いた場合、いくら「本当は傘」であっても警察官から注意を受ける可能性もあるという。

   「武器」を手にゲームの主人公になった気分が楽しめそうな商品だが、シチュエーションを考えながら使う必要がありそうだ。

   価格は1799円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中