2018年 7月 22日 (日)

輪島の「日本一」花火大会 復興への願い込めた1発も

印刷

   「1分間あたりの花火の打ち上げ数が日本一」を誇る「輪島市民まつり花火大会」が、石川県輪島市で2012年6月2日に開催される。

20分間で1万3000発以上

大迫力の花火
大迫力の花火

   輪島市民まつり花火大会は、輪島市民まつり振興会が輪島市民まつりの行事として実施する。最大の特色は、短時間に多くの打ち上げ花火を上げることだ。今年は東北の花火師が作り上げた花火を復興の願いを込めて1発打ち上げ、その後全国の匠の技が夜空を彩る。

輪島の伝統芸能も

   花火の観覧場所ともなっているマリンタウンでは昼間、パレードや食まつり、桂文珍独演会なども行われる予定だ。輪島の伝統芸能である御陣乗太鼓も披露される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中