輪島の「日本一」花火大会 復興への願い込めた1発も

印刷

   「1分間あたりの花火の打ち上げ数が日本一」を誇る「輪島市民まつり花火大会」が、石川県輪島市で2012年6月2日に開催される。

20分間で1万3000発以上

大迫力の花火
大迫力の花火

   輪島市民まつり花火大会は、輪島市民まつり振興会が輪島市民まつりの行事として実施する。最大の特色は、短時間に多くの打ち上げ花火を上げることだ。今年は東北の花火師が作り上げた花火を復興の願いを込めて1発打ち上げ、その後全国の匠の技が夜空を彩る。

輪島の伝統芸能も

   花火の観覧場所ともなっているマリンタウンでは昼間、パレードや食まつり、桂文珍独演会なども行われる予定だ。輪島の伝統芸能である御陣乗太鼓も披露される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中