「トラジャ」の次は「マンデリン」 最高級グレードが続々

印刷
マンデリンの生産地として有名なトバ湖
マンデリンの生産地として有名なトバ湖

   キーコーヒーは、品質の優れたコーヒー豆を毎月提供する「珈琲探訪」の6月分として、最高級グレードの「マンデリン レイク・トバ マタ・アエル」を2012年6月1日、発売した。

   インドネシア北スマトラのドバ湖周辺の肥沃な火山性土壌と高い標高によって育まれたコーヒー豆をスマトラ式で精選した「マンデリン レイク・トバ マタ・アエル」はマンデリン特有の、酸味の少なさとなめらかな苦み、深いコクが特徴だ。

   5月の「珈琲探訪」として発売された「トラジャ」は11日間で完売してしまうほど人気だった。今回の「マンデリン」は、「トラジャ」と並ぶコーヒーの高級銘柄として知られる。

   キーコーヒーの直営店及び通販倶楽部で買うことが出来る。

   価格は100gで651円だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中