2018年 7月 18日 (水)

【優勝!大島優子の出身地・栃木名物とは(3)】益子焼を楽しむ 11月に陶器市

印刷
「みやざき窯」のサイト
「みやざき窯」のサイト

   栃木県の焼き物といえば、陶器市が開かれる益子町の益子焼が有名だ。現在、窯元が約380、陶器店が50店ある。

   益子町観光協会サイトによると、江戸時代末以来の伝統があり、日用の道具の産地として発展し、後に「芸術品」としての側面ももつようになった。

   例えば、町内の「みやざき窯」のサイトを見てみると、コーヒーカップセット2100円、子供用食器・飯椀420円、線模様板皿3800円などとなっている。「普段使いに使いやすく、出番の多い器をお手頃な価格で」「お手にされた時に、温か味を感じられる器や花瓶などをお届けできたら嬉しいです」としている。

   益子町の陶器市は、1966年に始まり、春と秋に開催されている。次回は、2012年11月1~5日まで、町内各所で開かれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中