【優勝!大島優子の出身地・栃木名物とは(4)】日本一奪還へ燃える宇都宮餃子

印刷

   ギョーザの街として知られる栃木県宇都宮市が、餃子消費量日本一の座の奪還へ向け、燃えている。

   15年連続で日本一だったが、2011年は東日本大震災の影響もあり、2位に転落した。2012年は、1位への返り咲きに向け、「一日だけの餃子祭り」(6月3日)を市内で開くなど意気込みを見せている。

   そんな「宇都宮餃子」を自宅で楽しみたいという人のために、「お取り寄せ」販売を行っている店舗もある。

   「ぎょうざ専門店 正嗣」サイトを見ると、「餃子にこだわり続けて40年 宇都宮でも老舗と呼ばれるようになりました」「常に行列ができてる超人気店」などとなっている。通信販売用の値段は、「生ぎょうざ1箱30個入り(5人前、タレつき)」1000円。

   「餃子 宇都宮みんみん」は、1958(昭和33)年、宇都宮市の中心部に開店した。「創業者が北京で覚えた味に工夫を重ねた」そうだ。「お取り寄せ」ページによると、冷凍生餃子3人前(18個、たれ大1個)660円など。

   宇都宮餃子会のサイトでは、市内のギョーザ店食べ歩きマップなどを紹介している。

   

ご当地ギョーザ、1番気になるのは?
宇都宮餃子
浜松屋台餃子
大阪鉄板焼餃子
博多鉄なべ餃子
その他
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中