「業界初」特殊フィルムエッジ採用 「ハイエンドヘッドホン」

印刷

   パイオニアは、業界で初めて特殊フィルムをスピーカーユニットのエッジ部に採用し、ゆがみの少ない中低域再生を実現したハイエンドヘッドホン「SE-MJ591」を、6月中旬に発売する。希望小売価格は、3万3000円。

原音に忠実な音楽再生

「SE-MJ591」
「SE-MJ591」

   スピーカーユニットのエッジ部に高内部損失素材を使用した特殊フィルムを採用し、ゆがみの少ない中低域再生を可能にした。キャップ部には、クリアな高域再生を実現する「厚さ35ミクロンアルミ合金製キャップ」を採用した口径40mmスピーカーユニットを搭載することで、コンパクトなサイズでありながら原音に忠実な音楽再生を実現している。

   イヤーパッドとヘッドバンドクッションには、適度な柔軟性を持ち肌になじみやすいレザータイプ素材を、イヤーパッド内部には低反発ウレタンフォームを採用し、肌ざわりの良さとフィット感が得られる。遮音性にも優れ、外部の音を気にすることなく音楽が楽しめる。

   また、ヘッドバンド部に高耐久性のステンレス素材を、ハンガー部に高耐久性の構造を採用し、製品トータルで高い耐久性を実現した。スライダー部は、手になじみやすいラバー風の塗装になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中