2018年 7月 21日 (土)

「仮想」で楽しむホームシアター 「バーチャル3Dサウンド」搭載

印刷

   パイオニアは、3D対応のブルーレイディスクプレーヤーを搭載したサラウンドシステム「HTZ-626BD」を、2012年6月中旬に発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は4万円前後とみられる。

より臨場感のあるサウンド

「HTZ-626BD」
「HTZ-626BD」

   5.1chスピーカーのままで仮想11.1chの音場を再現するというパイオニア独自の仮想音場技術「バーチャル3Dサウンド」を搭載し、3D映像など迫力の映像に合わせてテレビの後ろ側にもスピーカーがあるかのように音が再現されるので、より臨場感のある音が楽しめる。ブルーレイ3Dに対応しているので、HDMIケーブル(HIGH SPEED対応)を使って3D対応テレビと接続すれば、迫力の3D映像も。

   また、ホームネットワーク内の音楽ファイルや映像ファイルの再生に加え、YouTubeやPicasaといったネットコンテンツがワイヤレスで利用できるWi-Fi対応を実現した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中