一眼に肉薄する「サイバーショット」 「最上位機種」登場

印刷

   ソニーは、「サイバーショット」シリーズの最上位機種として、「DSC-RX100」を2012年6月15日に発売する。

「コントロールリング」で直感的なマニュアル操作

サイバーショット「最上位機種」とソニーが銘打つのは実に5年ぶり
サイバーショット「最上位機種」とソニーが銘打つのは実に5年ぶり

   新開発の大型(1.0型)有効2020万画素CMOSイメージセンサーと大口径F1.8カールツァイス「バリオ・ゾナー・ティースター」レンズを搭載している。さらに、進化した画像処理エンジンの搭載により、「サイバーショット」としては最高レベルの画質を実現した。

   注目なのはマニュアル撮影機能だ。レンズ部にコントロールリングを採用しており、リングをまわすだけという直感的な操作で、ズームやしぼりをはじめとした各種機能について、一眼並みのこだわり設定が可能だ。また、使用頻度の高い機能をすぐに呼び出せるファンクションボタンや好みの設定をカメラに登録できる「MR(メモリーリコール)」機能により、撮りたいシーンですばやく、思いどおりの表現ができる。

   ボディーは無駄のないシンプルなデザインだが、アルミニウムの高品位なメタル素材を使用している。手にした時の質感や重量感も「最上位機種」にふさわしい仕上がりだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中