2018年 7月 21日 (土)

サッカー「本田△」ツイッターでもごぼう抜き AKB総選挙を超えた

印刷

   BIGLOBEは、Twitter(ツイッター)利用者向けの情報サイト「ついっぷるトレンド」で、2014 FIFAワールドカップブラジル、アジア最終予選の日本代表戦3試合のツイッター利用動向を分析、結果を2012年6月13日に発表した。

31万290ツイート稼ぐ

日本国内総ツイート数推移
日本国内総ツイート数推移

   試合中に投稿されたサッカーに関するツイートは、3試合合計で150万件以上となった。オマーン戦が45万6510件、ヨルダン戦が47万4280件、オーストラリア戦が59万8850件と、オーストラリア戦が最多。オーストラリア戦の終了直後には、AKB総選挙や金環日食のピーク時を越える件数が投稿されている。

   3試合合計でのツイート数ランキングは1位本田圭佑選手、2位香川真司選手、3位栗原勇蔵選手となっており、31万290ツイートを稼いだ本田選手が圧倒的な投稿数だった。

新たな楽しみ方も

   松木氏が3試合合計で8位、セルジオ氏がオマーン戦で9位にランクインするなど、Twitter上では解説者にも注目が集まっている。オーストラリア戦では、内田選手のファウルに関する「レフリーはボールじゃなくて内田を見てたんですかね」という松木氏のコメントを含むツイートが、オマーン戦では「【前半終わって支配率】実況吉野:26%、セルジオ越後27%、松木安太郎37%、名波浩10% #tvasahi #daihyo」というツイートが多数リツイート(RT)されたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中