現場の好きにさせた結果がこれだ 営業呆然!?マーケティング無視の「最強」ビール

印刷

   新商品開発において、「マーケティング」は基本中の基本だ。しかし最近ではそれを重視するあまり、「誰にも嫌われない」が「特徴のない」商品が氾濫している感もある。

   そんな中、キリンビールはあえてマーケティング主導ではなく、現場の技術者にとことんまで「やりたいこと」をやらせたというビール「GRAND KIRIN(グランドキリン)」を開発、全国のセブン-イレブンで2012年6月19日より先行発売する。13日、都内で開催されたプレス試飲会では担当者が製作にこめた熱い思いを語った。

「今の日本のビール、面白いもの少ない」

技術者の「本気」が生んでしまった「グランドキリン」(手はモノウォッチ担当記者A)
技術者の「本気」が生んでしまった「グランドキリン」(手はモノウォッチ担当記者A)
「今の日本のビールには面白いビールが少ない。ライト化、低アルコール化に反発し、ビール愛好家が驚くようなビールを作りたかった」

と語るのは、味作りに当たった醸造技術者の蒲生徹さんだ。

   ビールの風味を生むホップを通常の仕込み段階だけでなく発酵過程でも使うという独自の「ディップホップ製法」、また「キリンビール商品として最大」という麦芽量で、コクのある濃厚な味わいを実現したという。

   記者が実際に飲んでみると、国産ビールらしからぬ濃い味や香りに反し、意外なほどスッキリした後味が印象的だった。

勤続40年のベテランが追求した瓶

   瓶も一味違う。勤続40年、瓶の設計・金型などの開発に当たり続けてきたベテラン小田朝巳さんが、世界各地のビール瓶も参考にしながら、国内一という軽さ、香りを楽しみやすい広めの飲み口、おしゃれな透明ラベルなど今までにない特徴を盛り込んだ「プレミアムグラスボトル」を新たに開発した。

   価格は238円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中