2018年 7月 17日 (火)

フェイスブック、利用率1年で3倍 国産SNSは微減

印刷

   インプレスR&D(東京・千代田区)のシンクタンク部門インターネットメディア総合研究所は、最新のインターネット利用同行の結果を2012年6月12日、発表した。

最多はミクシィの26.1%

Facebook利用率が24.5%に躍進
Facebook利用率が24.5%に躍進

   調査によると、SNSの利用率について、Facebook(フェイスブック)が24.5%と、2011年の8.3%に比べて約3倍の躍進を遂げたことがわかった。Twitterも26.3%と、2011年の15.5%から10ポイント強増加している。一方で、mixi(ミクシィ)は、最多の26.1%だったものの、対11年比は0.9ポイントのマイナスだった。gree(グリー)も0.5ポイント減で、国産SNSはいずれも微減だった。

   調査の対象は、自宅からインターネットを行っている13歳以上の個人5639人で、調査期間は5月17日から22日。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中