2021年 6月 21日 (月)

【Paris発】「ご近所さん」とワイン片手に盛り上がる 700万人超参加のご機嫌イベントとは

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「母の日」、「父の日」、「音楽の日」……と、フランスでも、この季節は、記念日が目白押し。

   毎年、5月最後の金曜(今年は6月最初の金曜)は「ご近所の日」。年に一度、近隣に住む人たちが集まって、親睦を深めるというのが、その主旨だ。1999年にパリ17区で始まったこのイベント、瞬く間にフランス全国に広がり、今年は700万人以上が参加したと言われる。

広場にテーブルを出し、一品持ち寄りで飲み食い

道にパラソルまで出して、パーティ
道にパラソルまで出して、パーティ

   今から13年前、パリ17区の助役アタナーズ・ペリファン氏の発案で始まった「ご近所の日」。「近隣の人たちとの連帯感を高め、日常生活で助け合いができる関係を築く」ことを目的に、集合住宅の共有スペース、広場などにテーブルを出し、各々が食べ物を一品以上持ち寄り、飲み食いしながらコミュニケーションをはかる、というシンプルなイベントだ。

   初年度の参加者は17区の住民1万人ほどだったのが、2011年は全国で670万人、今年2012年は700万人を超したらしい。しかも、940もの区市町村が協賛を謳うという国を挙げての大イベントに成長した。フランス人=個人主義のイメージがあるが、実は彼らは『連帯』という言葉が大好き。夜の10時まで明るく、気候のいいこの季節、戸外でワインやビールを片手におしゃべりを楽しむカジュアルなパーティ、となれば、広まらないわけがない。


【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』http://www.bisoujapon.com/の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれる―女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!