2020年 10月 1日 (木)

気付いたらまた「オウム事件」 そうならないために

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   現実の社会が生きにくいと悩む若者たちが心の拠りどころを求めたオウム真理教。それが凶悪な事件を起こす犯罪集団へと暴走した。最後の特別手配犯、高橋克也容疑者(54)が逮捕されたが、信仰は今も続いているのか。改めて問う、オウムとは。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

連合赤軍とオウムにみる日本の病根

『連合赤軍とオウム わが内なるアルカイダ』
『連合赤軍とオウム わが内なるアルカイダ』

『連合赤軍とオウム わが内なるアルカイダ』

   集英社の『連合赤軍とオウム わが内なるアルカイダ』(著・田原総一朗、1995円)はテレビ番組「朝まで生テレビ」や「サンデープロジェクト」で日本の病根に鋭くメスを入れてきたジャーナリストで評論家の著者が、戦後社会に大きな衝撃を与えた連合赤軍とオウム真理教、それに国際テロ組織アルカイダについて、関係者へのインタビューを通しながら自分の内なる問題として取り組んだ1冊だ。

   これら犯罪集団の類似点としてあげられるのは、よりよい社会をめざし理想を高く掲げた高学歴の青年たちが教祖やリーダーの命令に服従し、集団リンチや殺害に手を染め、犯罪への道を突っ走っていった点にあるといえよう。「理想」がなぜ犯行につながったのか。閉塞感漂う現代社会にいまなお突き付けられている問題だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!