2018年 7月 17日 (火)

きゃりーぱみゅぱみゅが前頭に

印刷

   2012年5月22日の開業から1か月あまりたった「東京スカイツリー」が、日経MJの「2012年上期ヒット商品番付」(2012年6月20日発表)で、単独の「横綱」に輝いた。同番付は大相撲の番付にならい、東・西にそれぞれ横綱をえらぶが、今回は東の横綱「スカイツリー」に匹敵する斬新な大型商品がみあたらず、西の横綱は空位となった。

単独横綱には「東京スカイツリー」

   「東京スカイツリー」は高さ634メートルをほこる世界一の高さの自立式電波塔だ。展望台等のレジャー施設や商業施設「東京ソラマチ」を備え、国内外からの年間来場者は総計で3200万人を見込むという。

横綱はスカイツリー
横綱はスカイツリー

   ほかに、トヨタ自動車の小型ハイブリッド車「アクア」が大関に選ばれるなどした。また、前頭には個人として唯一、若者に人気のモデルで歌手の「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんが入った。

   番付は、日経MJが消費動向や世相を踏まえ、売れ行き、開発の着眼点、価格、産業構造や生活者心理に与えた影響等を総合的に判断して作成した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中