1泊200万円の豪華宿泊プラン プライベートシェフに貸切生演奏、最高峰ワイン…

印刷

   ホテル阪急インターナショナル(大阪市)は、2012年11月8日に迎える開業20周年を記念して11月8日の当日、「最上級のおもてなし付き」宿泊プランを1室2名限定で実施する。

「贅をつくした20のおもてなし」

部屋からの夜景も絶景だ。
部屋からの夜景も絶景だ。

   同宿泊プラン「The Supereme Stay」には、1泊2日の滞在期間内に「贅をつくした20のおもてなし」が用意されている。

   ロングリムジンでの出迎えに始まり、最上階にある最上級の「プレジデンシャルスイートルーム」に宿泊、25階ラウンジを貸し切り、「世界最高峰の3種ワイン」である「ロマネ・コンティ」「モンラッシェ」「ドン・ペリニヨン」を味わう。

   さらに、2人のためだけのピアノ4重奏生演奏付きスペシャルディナーや、部屋でのアロマトリートメントとヘアメイク、プライベートカメラマンによる記念撮影もある。プライベートシェフ、コンシェルジェも付く。

   価格はサービス料込で200万円。6月20日から受付を始め、先着順。11月8日以外の予約についても相談できる、としている。2週間前までの予約が必要だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中