2018年 7月 22日 (日)

日本にもある絶滅危惧「言語」 グーグルが保護プロジェクト

印刷

   米Googleは現地時間2012年6月21日、公式ブログ上で、「Endangered Languages Project」(危機言語プロジェクト)を開始したと発表した。

アイヌ語と琉球語が深刻な危機

危機言語の分布を示す世界地図を公開
危機言語の分布を示す世界地図を公開

   危機に瀕する言語(危機言語)についての最新の情報を探したり、共有したりできるサイトだ。世界の言語の約半数という3000以上もの危機言語について、18世紀の手書きの文書や、音声サンプル、記事などを公開している。

   危機言語プロジェクトのトップページでは、危機言語の分布を示す世界地図を公開している。日本からは北海道のアイヌ語のほか、沖縄県の与那国島で話されている言葉が絶滅の一歩手前の「深刻な危機」に、鹿児島県の徳之島の言葉が「危機」に、さらに沖縄本島の言葉も「危険」に指定されていることがわかる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中