2018年 12月 14日 (金)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

BABYMETALが「POP’nアイドル」参戦 新曲披露で「ヘドバン!ヘドバン!」

印刷

   「ヘヴィメタルとアイドルの融合」をテーマにした3人組メタル・ダンス・ユニット「BABYMETAL」が2012年6月23日、ZeppTokyo(東京・江東区)で行われたタワーレコード主催のイベント「TOWER RECORDS Presents POP’nアイドル02」に出演した。

   BABYMETALはアイドルグループ、さくら学院から派生して2010年結成されたユニット。ヘヴィなのに可愛くてキャッチーなサウンドが特徴で、アイドルファンのみならず、コアな音楽好きにも注目されている。

ワーグナーのSEとともにメンバー登場

骸骨バンドとともにステージに立つBABYMETALの3人。(左からMOAMETAL、SU-METAL、YUIMETAL)photo:TEPPEI
骸骨バンドとともにステージに立つBABYMETALの3人。(左からMOAMETAL、SU-METAL、YUIMETAL)photo:TEPPEI

   今回の「POP'nアイドル02」には、さくら学院のほか、Berryz工房、ぱすぽ☆ら人気アイドルグループ6組が参加。BABYMETALは1グループ目のトップバッターとして出演した。

   ステージに大量のマーシャルアンプが運び込まれ、照明が暗くなるとワーグナーの「ワルキューレ」のSEとともに、MOAMETALとYUIMETALが BABYMETALロゴの描かれた巨大なフラッグを持って現れる。続いて、骸骨スーツのバックバンドメンバーたちに騎馬戦のように担がれながらSU-METALが登場した。

   1曲目、「ド・キ・ド・キ☆モーニング」の爆音ギターリフが流れると、フロア前部では早くもBABYMETALのライブ恒例のモッシュが発生する。サビは「チョ待って!チョ待ってー!」の大合唱だ。曲後半でブレイクすると「いいね!」のラップパートになだれ込む。SU-METALがメロイックサインならぬ「キツネさんサイン」で「Say Hooo!キツネだお!!」とオーディエンスを煽る。

   3曲目は間奏でYUIMETALとMOAMETALが格闘風のアクションを見せるメロディック・スピード・メタル風の「イジメ、ダメ、ゼッタイ!」を披露。そして最後が今回の目玉、20日に公開されたばかりの新曲「ヘドバンギャー!!」だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中