2018年 7月 16日 (月)

「JAL SKY Wi-Fi」2012年夏から 国際線機内ネット接続サービス

印刷

   JALは2012年6月25日、国際線機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を開始すると発表した。近年の無線LAN対応端末の増加にともなう、クオリティの高い通信環境を求める客のニーズに対応するための有料サービスだ。

欧州線は2013年春の導入を予定

写真は、JALのホームページ
写真は、JALのホームページ

   2012年7月15日からニューヨーク線でサービスを開始し、以降10月下旬までに、シカゴ線・ロサンゼルス線・ジャカルタ線に順次展開する。欧州線は2013年春の導入を予定する。

   対象となる機材は、ボーイング777-300型で、ファーストからエコノミーまで、全クラスで利用できる。

   料金は、1時間まで11.95ドル、2時間まで21.95ドルとなっており、支払いはクレジットカードのみで、JALカード利用の場合特別割引料金が適用される。

   なお、9月30日までファーストクラス、エグゼクティブクラスの利用者は、1時間まで「JAL SKY-Wi-Fi」を無料体験できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中