コスプレーヤー「生唾」ゴクリ 足尾銅山の崩れそうな工場

印刷

   廃墟はコスプレイヤーが求めるロケ―ションのひとつでもある。廃墟の権化と思ったのはロケ―ションは足尾銅山(栃木県)。鉱毒公害を生んだ周囲の山並みは、10年前までは完全な禿山で、ゴビ砂漠にある山のような茶色の山だ。緑はほとんど見られなかった。しかし植林の努力が実ったのか、植えた緑の木々が育ち始めて、禿山が薄い緑の山になりつつある。

ここでコスプレできれば…

生唾ものだぜ
生唾ものだぜ

   足尾鉱山の廃墟は、煙突のある工場に尽きる。ここは入れないが、外から見ても鉄筋からトタンまで赤茶けている。今にも崩れそうな工場は、コスプレイヤーから見れば生唾ものだろう。ここでコスプレが出来ればかなりの人数が集まりそうだ。

   そして足尾銅山以上にコスプレイヤーの注目を浴びているのは軍艦島。ここは長崎港から南西の海上約17.5キロメートルにある。高速艇で20分ほどクルージングをすると、上陸することが出来る。南西に約2.5キロメートル。

軍艦島に注目

この廃墟感がたまらない(足尾銅山)
この廃墟感がたまらない(足尾銅山)

   かつては炭鉱施設や7階、8階建ての住宅のほか、小中学校・店舗・病院・寺院・映画館「昭和館」・理髪店・美容院・パチンコ屋・雀荘・社交場・スナックなど都市機能を有していた。炭鉱労働者の家族が、学校から食品店、役所や病院などを利用し、生活していた。当時の繁栄ぶりを彷彿とさせるが、今ではすべて廃墟化している。確かに日本一の廃墟に違いない。(株)音羽出版 『コスBON』Fantasyではこの冬からここでのイベントを開始する。(次回に続く)

肥留間正明

↑画像をクリックすると拡大します。

【プロフィル】肥留間正明(ひるま・まさあき) 埼玉県生まれ、日本大学法学部卒業。作家、芸能評論家、ジャーナリスト、㈱音羽出版社経営。女性自身(光文社)記者として記者生活のスターと、週刊宝石(光文社)、 FLASH(光文社)創刊を担当、“巨乳”という造語を作る。エンターテイメント、歴史ドキュメントを中心に執筆、出版活動を本格的に開始。〈テレビ出演〉『やじうまワイド』(テレビ朝日)、『アッコにおまかせ』(TBS)、『ワイドスクランブル』(テレビ朝日)ほか。〈著作物〉『勝新 役者バカ一代』(音羽出版)、『がん闘ったスターたち』(テレビ朝日)、『ウオンビン 江原道から』(鹿砦社)、『チャン・ドンゴン~ソウルの空から』(音羽出版) 『オレンジレンジ~コザからのメッセージ』(音羽出版)、『龍馬と海』(上・脱藩編)/『龍馬と海』(下・亀山社中編)その他多数

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中