2018年 6月 21日 (木)

「テレビさながらの映像質感」 「ブラビア」がボードパソコンに?

印刷

   ソニーは、パーソナルコンピューター VAIO夏モデルとして、高画質・高音質を実現した24型フルHD液晶搭載のボードPC「SVL24119FJB」を、2012年6月30日に発売する。価格はオープンだが、市場推定価格は25万円とみられる。

メガネなしで3D映像も

カラーはブラックのみ。
カラーはブラックのみ。

   大画面で高精細な映像表現を実現する超解像技術を採用した、液晶テレビ「ブラビア」の高画質エンジン「X-Reality(エックス リアリティー)」を搭載している。映像の細部まで再現でき、「テレビさながらの映像の質感が楽しめる」という。また、「ブラビア」と共通の操作画面で、直観的かつスムーズな操作が行える。例えば、視聴中のテレビ画面を縮小し、リモコンの十字キーの左右ボタン操作で、各種設定などが可能だ。

   また、グラスレス3D対応モデルなので、3D専用メガネを使わなくても、快適に3D映像が楽しめる。3D視聴を最適化するフェイストラッキング(顔認識)技術を使って、PC内蔵カメラで顔の位置を認識することで、目の位置にあった見やすい3D映像を実現している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中